EC サイトで購入する時に心配するのは支払い方法です。
銀行振込、クレジットカード、代金引渡し、コンビニエンスストア支払いなど色々な支払い方法があります。 EC サイトによってまた商品によって支払方法が変わる場合もありますからその点については各自の判断になるでしょう。 この中の支払い方法で気をつけなければならないのはやはりクレジットカードの支払いでしょう。クレジットカードは暗証番号を盗まれるケースが多く、一番多いパターンとしてフィッシング詐欺があります。

本物の EC サイトと見分けのつかないくらい精巧に作られた EC サイトはパソコンに詳しい方であっても見抜くことは難しいかもしれません。
そのような偽物のサイトに暗証番号を記入してしまったら最後、被害にあってしまうでしょう。もしクレジットカードを利用するのであれば
定期的にクレジットカード会社に被害がないか確認しても良いかもしれません。
もしクレジットカード会社から連絡が来た時にはすでに 大きな被害に遭っている可能性があるからです。もし、運良く保証してもらったとしても1回被害に遭ってしまったら、暗証番号だけではなく個人情報も抜き取られているので同じ目に違う方法で引っ掛かる可能性が高いです。これから狙われる可能性もあります。

なぜ同じ人が集中的に狙われるのかというと、その情報が裏で売り買いされている場合があるので個人情報が他の所に渡っている可能性、また、一度引っかかった人は引っかかりやすいという特徴がすでに知られているので、集中的に狙われてしまうということになります。もしそのような被害に遭いたくないのであればクレジットカード支払いはなるべく控えるという考え方もあるでしょう。
もちろん EC サイトでのクレジットカード払いは、メリットの部分も大きいです。
場合によってはクレジットカード払いにすれば、ポイントが上乗せされるというキャンペーンを行っている場合もあるので、うまく利用すればポイントを稼ぐチャンスです。 メリットデメリットをよく天秤にかけて最終的に判断しましょう。